FC2ブログ

中二病 でもないか

大石中二の日記

五輪 その3

柔道最終日

100kg超級の決勝

日本 対 フランス


すごいもやもやする試合でした!


日本に指導来すぎ
そしてフランスに指導行かないし!

謎の3個目の日本に対しての指導
のちに訂正されましたが。。。

あまりにも酷い審判
中国人か


なんだかなー


フランスのチャンピョンも逃げてばっかりの

逃ゲール選手

そういう闘い方。というのは理解できます。
勝ちに行くためのやり方。

でもね。選手として尊敬もできない闘い方だなぁ・・・



まず、なにより原沢選手銀メダルゲットおめでとうございます。

柔道 全部終了とのことで
みなさまお疲れさまでした。
メダル獲得の選手おめでとうございます

毎日ハラハラして応援しておりました。






日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<実家に帰る | ホーム | 五輪 その2>>

コメント

判定のある競技は首を傾げたくなるものが多いですね…
公平とはいうものの、やはり審判員が人である以上 国や人種なども影響があると思いマス…って今回の審判は中国の方でしたか(納得
時期は違いますが、フィギュアスケートは特に酷いと感じます(>_<)
なので個人的には、誰が一位かはっきり分かる競技が好きですねw
速ければ一位!文句の付けようがありませんw

ただ勝てばいい精神は好きではないですね…戦術としては良いのかもしれませんが、個人的に観ていて気持ちの良いものではないです(・・;

あと、プールが緑色になったのは笑いましたw
2016-08-13 Sat 17:44 | URL | えふ [ 編集 ]
本当に判定競技というのは審判によりけり・・・ですね
フィギュアスケートのキムなんちゃらってのは酷いもんです
あの不可解な判定があって

あれ?素人目に見てもおかしくね?

ってなって、韓国に対して不信感を抱きました。
そして確信
知り合いの在日韓国人いわく
「韓国ってのは金をつかませて不正をする」

ファー

やっぱりそういう国でした

ただ、今回の決勝はね・・・
勝つための戦術は理解できます

ですが、審判おかしい判定   ないですね

ハァ


2016-08-13 Sat 23:52 | URL | 大石中二 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |